放置にもほどがある・・1年以上経ちました ごめんなさい。


by from_toshiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おじいちゃん

6月半ばに急遽決めた日本帰国だったのですが
目的のおじいちゃんをお見舞いする・・ということは果たせずに
トシコが実家に戻った時には おじいちゃんは逝ってしまった後でした。



江原さんのスピリチュアルブーム、アメリカに居ても聞こえてきます。
たましいは 旅を続けている。物質界の現世での旅を終えたたましいは
四十九日経った後、アチラの世界に旅立って また次の修行に備えると。
(解釈が違ってたらごめんなさい)

とっても気持ちが楽になります。 そうそう、この世は修行だらけ。
私たちは たましいの成長のために修行をしにこの世を生きているのです!!

そう思えば
お金に苦労している時は お金の修行
仕事に苦労してる時は 仕事の修行
ヒマを持て余してる時は 時間の使い方の修行

たましいって欲張りね・・・ 私のたましいも向上心旺盛らしい
>人から見たらどう写るのかわかりませんが

おじいちゃんは どんな目的を持って現世に生まれてきたのでしょう。
太平洋戦争で出征し、多くの仲間を戦地で見送ったおじいちゃん。
戦前、若い頃はアイスホッケーの選手でキーパーだったおじいちゃん。
(スキーやキャンプが趣味だったらしい)
戦後、色んな商売を試した後 大分で飲食業を始めて繁盛させたおじいちゃん。
地域のことを 広い視野で考えるあまりにちょっと煩い疎ましいじいさんと
思われていたおじいちゃん。
孫には一切、耳の痛いことは言わなかったけど・・。

お葬式(トシコは参列できなかった・・)で、多くの人がおじいちゃんの死を
悲しんで泣いていたそうです。

いつも見守ってくれてることには 今後もかわりありません。
実家に帰ったら おかえりーと言ってくれることも、年金を下ろしてきて
超高級豊後牛で スキヤキをご馳走してくれる事もなくなって悲しいけど
おじいちゃん本人は修行の連続の現世から離れて、きっと満足して、
楽になってるに違いない。

アチラの世界はどんなですか? 

・・・あ、まだ四十九日経ってないんだった。 
今のうち、生前行きたかった中国の西安でも旅行して楽しんでねーー!
[PR]
by from_toshiko | 2006-07-05 02:36 | こんなことありました