放置にもほどがある・・1年以上経ちました ごめんなさい。


by from_toshiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ティファナ

来客中、初めてティファナに行ってきました。

ティファナとは、 お隣の国、メキシコの都市。すぐそこ、車で10分走れば
メキシコの旗が見えてくるんだけど・・・
私にとっては近くて遠い場所なのです。なぜなら、国境付近は治安が悪く、
過去に日本人が誘拐された事件が発生したこともあり、キム兄の会社からは
「自家用車で国境を越えるべからず」 というお達しが出てるのです。

でも、かねてから思っていた。
自家用車で行くなってことは、 それ以外の手段で行けばいいんじゃん~。





利用したのはCoach america。ウェブから申し込みができるので便利でした。
日帰りティファナツアー @$29. 自家用車以外で行くには この方法がよさそう。。
両親が来てるこの機会を逃す手はない!と、張り切って申し込む。
そうだ! もうすぐ引越ししてしまう友達も誘ってみることにした。彼女もずっと
ティファナに行ってみたい~と言っていたのだ。同じ理由で今回が初ティファナ♪

当日、指定の場所でピックアップしてもらってダウンタウン方面へ。
ティファナとは真逆方向だけど仕方ない・・・ 9時過ぎにダウンタウンを出発。
あっという間にティファナ到着。 10時ごろだったかな~。
メキシコに入るのは、かなりあっけなかった。 バスでするっと通過した国境。

f0062649_1663319.jpgちょっとホワイトバランスを間違えて青くなっちゃった・・
f0062649_166525.jpg 


表示もスペイン語。当たり前か。。







ティファナきっての目抜き通り、 Revolucionレボルシオン通りに到着。
ここでバスから降ろされる。 15時に迎えに来るからそれまで楽しんでください
というわけです。 朝の10時すぎになんだか異空間の通りで降ろされた4人の
胸によぎる不安は 恐らく同じだったと思う。。
「こんなところで5時間も過ごせるのだろうか?!」 なんていっても空気が怪しい。
通りがどことなく変な雰囲気。 店先に並べてるものは おもちゃみたいな安っぽい
モノばかりに見える。

不安に駆られてとりあえず歩き出してみると、周りから容赦なく呼び込みの声。

ゼンブ ヤスイヨー

コンニチワー

タナカサン、タナカサン

ミルダケタダ  オネガイミテッテー。 などなど。

とりあえず 来た記念に写真を撮ってみる。 1人$1らしい。

f0062649_15315449.jpg


なんだか空が更に青く見える・・・ 国境を越えただけなのにやっぱりここはアメリカではない!


ちょっと危険な空気を感じながら、入ったお店がビンゴだった。
上品で親切なおじさまがやってる、陶器やステンドグラスのお店。 
ちょうど私や友達が求めていたものがそこにはあって、私達は大興奮!
これもかわいーー あれもいいね~と、しばらく時間を忘れて物色しました。
トナラ焼という陶器がとっても素敵で ずっと欲しいと思っていたので。。
もちろん、そこでカップを購入。 お茶を淹れてもコーヒーでもいい感じ♪

その他にも、よーーく見てみると いいものを置いてる店もあったりして
なかなか楽しいショッピングができました。 ティファナ、楽しい!
お昼には もちろん タコスやチップス&サルサ、ファヒータスなどを食べて
メキシコに浸りました。 バンドがスキヤキソングを演奏してくれてた。

その他、地元のスーパーに行ったり(パンコーナーが充実してた。おいしかった)
店を巡ってみたりしてるうちに、ちょうど15時に。
最初の心配をよそに、結構あっという間に時間は過ぎていきました。

帰りの国境越えは行きと違ってすんなりとはいかず・・・。
メキシコからアメリカに入るには、バスから荷物を全部持って一旦降り、
1人ずつパスポートを片手に入国審査を受ける。
I-94があれば、すんなりと通してくれるけど、荷物もX線検査を受けるし
ご丁寧。 
私達はバスだったので、バス専用レーンに並ぶだけで済んだけど
窓から見える列はとても長く、特に徒歩で出国する人たちの列は2時間は
かかりそうに見えました。。。 
私達のように 暢気に観光して帰っていく人は稀で、ほとんどの人が
仕事のために行き来してるのかなーという印象でした。

アメリカで、アメリカ人がしたがらない仕事をしてるのは、ほとんどがメキシコ人だ。
クリスマスにスタバに行ったら、ほとんどがメキシコ人だった。
学校でトイレ掃除をしてくれてるのも、家に来てくれる何でも屋のおじさんも
メキシコ人。 みんなとっても親切でやさしい。
メキシコ人がいなければ、カールスバットで採れるイチゴの値段は何倍にも
跳ね上がるだろうと誰かが言ってました。
学校の友達いわく、ティファナで仕事したら1日$5しかもらえないけど
同じ仕事をアメリカでやると1時間で$7もらえる・・らしい。
こうやって、苦労してアメリカに入ってお仕事してるんだなーと思いながら
長い列に並ぶ人たちを見てました。
同様に・・・キム兄も毎日会社のバスで メキシコに行きアメリカに帰ってきてるんだなーと
改めてびっくりした。 知ってたけど、実感したのは初めてでした。

いろんな意味で収穫の多かったティファナツアー。
また、行ってみたいな~。。 日本に帰国する前にあともう一回は行ってみたい!

f0062649_16524681.jpg


街中をぐるぐる回っていた メキシコ警察の方々。
荷台付きのパトカーには目出し帽をかぶって 銃を構えた警官が。
怖い、怖い・・ お願いだから発砲しないで・・・。 この警官たちが一番怖かったかも。
[PR]
by from_toshiko | 2007-02-08 16:45 | こんなことありました